《元気堂薬局》精力剤・ED治療薬・媚薬の専門店
(0 個) - ¥0

カートの中には何もありません。

 

精力剤の種類

精力剤の種類
精力剤は目的によって「即効性のあるもの」と「即効性のないもの」の2つに分類されますが、さらに用途によって「勃起薬」「強精剤」「強壮剤」「媚薬」の4種類に分けられます。

ここでは、4種類それぞれの作用について解説していきます。

勃起薬
勃起薬
性交時の勃起力をアップさせることは、性行為の中でも非常に大きな役割を担っています。

しかし年齢を重ねるにつれて、勃起力や陰茎の固さは衰えてしまいます。また、大事な時に限って勃起しないという問題が発生することもあります。

そんな時に役立つのが勃起薬です。

勃起薬には飲み続けることで男性ホルモンを補うタイプや、滋養強壮・疲労回復の効果があるタイプ、精力を増進させて勃起を促すタイプがあります。

また、勃起機能のみの回復に特化した勃起薬がED治療薬であり、医療成分の効果で服用後すぐに勃起を促すことができます。


強精剤
強精剤
強精剤と勃起薬には一部重複する効果もありますが、強精剤は勃起のみに焦点を当てたものではなく、性生活を活発化させるための成分が入った精力剤という位置づけになります。

そのため、精力の源とも言える性欲や性行為能力を増加させることを最大の目的としたものが、強精剤と呼ばれます。

強精剤は植物性、動物性共に天然由来成分のものがほとんどで、直接精力に作用するような成分としてマカやヨヒンビン、シトルリンなどが含まれています。

医療成分入りの強精剤には、男性ホルモンであるテストステロンを塗り薬に含ませて、ペニスに擦り込む軟膏タイプのものも存在します。なお、テストステロンは普通に経口摂取すると肝臓で分解されてしまう特徴があります。そこで、肝臓を通過して体内でも吸収できるためのホルモンを含ませた、飲むタイプの強精剤も作られています。

また、強精剤には精子増量効果を狙ったものもあります。精子の量がアップすると妊娠の確立が上がるため、不妊症の対策として有効です。さらに、精子の増加は性欲増進や勃起力向上、快感増幅にも繋がります。


ペニス増大効果のある強精剤
ペニス増大効果のある強精剤
強精剤を求める人の中でも多くのウェイトを占めるのが、ペニスサイズに悩みを持つ人です。

男性にとって深刻な悩みであるサイズ問題の大きな要因は、女性との性行為です。ペニスサイズが気になって性行為に積極的に踏み込めないでいると、セックスレスや早漏といった問題にまで発展してしまう場合があります。

そんな時に活用できるのが、ペニス増大効果のある強精剤です。ペニスサイズの増大や、ペニスの硬直度を高めることに期待ができます。種類としては、服用タイプの他に塗るタイプもあります。

増大効果のある強精剤は、ペニスに働きかける有効な成分だけを選りすぐって配合しています。強精剤の成分によって男性器の毛細血管への血流改善を促し、勃起力が増すことによってサイズアップに期待が持てます。

ペニス増大効果を持つ強精剤は即効性があるものではないので、使用を続けることが重要になってきます。一定期間の継続は必要ですが、ゆっくりと時間をかけて体内の血流を改善していくため、体への負担が少なく副作用を心配しなくて良いという利点もあります


強壮剤
強壮剤
強壮剤は、栄養補給や体質改善に用いる薬剤という位置づけになっています。

具体的には、コンビニや薬局で手に入る栄養ドリンクや精力増強ドリンクなどが強壮剤です。胃粘膜を刺激して消化を促すドリンク剤も、強壮剤にあたります。

精力剤としての強壮剤は、強精剤のように直接的な精力増強効果を狙ったものではありません。強壮剤には、体質を改善させることで精力増強を促すようなアルギニン、亜鉛、ニンジンなどの成分が含まれています。

肉体疲労時の栄養補給として強壮剤を使用する時には、即効性を期待して飲むことも多いですが、天然由来成分が多いということもあり、効果は限定的であまり強いものではありません。

その代わり副作用の心配はほとんどありませんので、長期間使用することで精力自体を徐々に増強させていくという効果を期待して飲むなら、強壮剤は最も適性があると言えるでしょう。


媚薬
媚薬
媚薬と聞くと、どこか怪しい惚れ薬というイメージを持つ人が多くいます。しかし、実際の媚薬は科学的にきちんと効果が確かめられているものを指します。

媚薬には催淫剤という性欲を促進させる効果を持つものや、性器に直接塗布して感度を高めるもの、フェロモンを吹き付けることで女性を惹きつける香水タイプなどがあります。

女性に積極的になりたい時には香水タイプを、性欲や感度を高めたい場合は性器に塗るタイプの媚薬を選ぶなど、状況や目的に合わせて使うことで精力剤としての効果が期待できます。