《元気堂薬局》精力剤・ED治療薬・媚薬の専門店
(0 個) - ¥0

カートの中には何もありません。

 

射精障害の治療方法

射精障害の治療方法
射精障害は男性としてあまり知られたくない症状ですが、夫婦間のトラブル回避や恋愛や結婚を考えている人にとっては、治療を開始するのが先決です。そこで、射精障害の代表的な治療方法をご紹介します。

カウンセリング
心因性の射精障害を治療するには、性行為に対するストレス・トラウマのヒアリングを実施して、原因を特定する必要があります。医師はカウンセリングにより治療法を検討した後、改善策を提示します。ストレスの緩和や問題の解消には必ず治療が必要です。
また、間違った自慰行為の方法から正しい方法を指導することによって、改善の方向に導きます。

射精障害は男性側だけがカウンセリングで改善すれば治る場合とそうでない場合があるため、夫婦でカウンセリングを受けた方が早期に改善できる場合があります。

投薬治療
射精障害の種類によって、カウンセリングではなく投薬治療が必要です。それが逆行性射精と呼ばれる射精障害です。膀胱に精液が逆流してしまうことから、交感神経を刺激する薬や抗うつ薬などを内服薬で投与するのが一般的です。
医師の指導により処方するため、個人の判断で投薬を実施することはできません。病気や治療で他の病院に通院していたり過去に入院経験があれば、投薬を実施したりすべきか医師の判断をあおぎましょう。