《元気堂薬局》精力剤・ED治療薬・媚薬の専門店
(0 個) - ¥0

カートの中には何もありません。

 

EDの分類
ED(勃起障害)と一言でいっても、精神的なものや、肉体的な要因が考えられます。その為に、ED(勃起障害)は、それぞれの原因によって器質的「機能的」「混在型」「その他」に分類されます。

■器質性ED
器質性EDは、50歳代に多く、喫煙や飲酒、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症など血管・神経・内分泌環境などが原因のEDです。いわゆる生活習慣病がEDの発生に深く関連しています。

加齢にともなう生活習慣病、陰茎の形成異常、神経系の異常、血管のはたらきの異常、内分泌(ホルモン)の異常などが器質的EDです。

■機能的ED
精神的要因、心理的なものが原因で勃起力低下になるものが機能性EDと呼ばれています。
いわゆる「ストレス」が大きな要因です。
機能的EDには、心因性によるものと精神病性があり、心因性EDは30歳代、40歳代に多く、過去の性交の失敗に対する恐怖心や性への羞恥心、自信喪失、夫婦間のトラブル、子作りなどによるプレッシャーなどが考えられます。

性的な問題以外としては、不安、緊張過多、人間関係など職場や家庭のストレスなどがあります。
精神病性EDは、うつ病などが原因のEDで、抗抑うつ剤などを服用しているのも原因に考えられます。

■混在型ED
混在型EDは、器質的な原因なのか機能的な原因なのかが判別できないもので、両方の特徴がある場合は、混在型EDの扱いになり、50歳代、60歳代に多いと言われています。